長崎で一般社団法人の設立を考えている方へ

最近、その使い勝手の良さと、高い自由度から注目されている一般社団法人。一般社団法人は、「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」に反しなければ、あらゆる事業を営むことができる、いわゆる「万能型法人」と言えます。今日はこの一般社団法人の設立と、そのメリットについて紹介します。

一般社団法人とは?

そもそも社団とは、ある共通の目的を持って集まった人々の集団という意味で、これに法人格を与えたものが社団法人です。「一般」とは、特定の目的に限定されず、自由に事業を行うことができるという意味です。つまり、一般社団法人とは、「共通の目的を達成するために作られた法律上の人」と定義できます。

一般社団法人に適した事業内容

一般社団法人は、普通(営利)型・非営利型の両方の設計ができ、どの事業にも利用できます。社会貢献を通じて収益を上げたい!と考えている方は、一般社団法人が一番適していると思います。

一般社団法人のメリット

1.設立が簡単
法律上の要件を満たすことで、簡単に設立できます。NPO法人や、公益法人のように、所轄庁の許可・認可は必要ありません。

2.事業目的の規制がない
一般社団法人は、普通(営利)型、非営利型の両方の設計が可能です。その目的においても制限は一切なく、事業性やミッション等にあわせて、自由に事業を展開することが可能です。

3.運営に負担がかからない
特定非営利型法人(NPO法人)の場合、法人設立後も所轄庁の監督に従い、事業年度ごとに事業報告等を行わなければなりません。また、NPO法人が法令や行政処分、又は定款に違反した場合は、改善命令が下され、この命令に違反したときはNPO法人の認証が取り消されてしまうことがあります。一般社団法人はこのような監督を受けることがないため、比較的に運営に負担がかからないと言えます。

kaikei_01

一般社団法人の事業モデル

・障がい者の自立支援を行うことで収益を上げる事業
・地域の商店街の活性化を支援し、町興しで収益を上げる事業
・ソーシャルビジネスを通じて社会問題に取り組む事業
・観光や街のPRに取り組む事業

上記はあくまでも一例です。一般社団法人は、みなさんの斬新なアイディアに柔軟に対応できる法人です。

一般社団法人の設立要件

<必要人数>
最低2名以上(理事会設置の場合は、理事3名と監事1名で4名必要。)

<出資額について>
制限なし。無出資でも設立できます。

<剰余金の分配>
一般社団法人は「剰余金の分配」をすることができません。株式会社のように、出資者等に利益を配分を行うことはできません。

<その他>
公益型一般社団法人として法人税の優遇を受けるためには、目的、社員の資格等において規制があります。

一般社団法人の設立費用

<法定費用>
定款認証手数料 : 50,000円
登録免許税    : 60,000円
定款の謄本費用  : 2,000円程度

<その他費用>
印鑑作成費用
設立時社員の印鑑証明書の取得費用

<当事務所の報酬>
64,800円(税込)~
当事務所では、事業内容の検討、機関設計、定款の作成、公証役場への出張、設立後運営に関する助言を行います。

まずはお気軽にご相談ください!

長崎で一般社団法人の設立をご検討の方はお気軽にご相談ください!

経験豊富な行政書士がお客様の夢が叶う土台をおつくりいたします。

皆様の事業でこの長崎を盛り上げていきましょう!!