個人から法人なり、新しい事業展開、特定の営業許可を受けるためなど、様々なシチュエーションで法人格が必要です。当事務所は、長崎で頑張っている個人事業主・中小企業を応援します!面倒で複雑な法人設立手続はすべてお任せください!

 

当事務所で設立できる会社・法人の種別

法人格の代表。株式会社の歴史は100年以上であり、多くの人が会社=株式会社と認識する場合が多いです。株主の出資によって運営されますので資金を集めやすく、どんどん会社を大きくすることができます。特にこだわりがなければ、株式会社を設立することが一番無難です。
法人格があるという点では株式会社となんら変わりはありません。一番のメリットは設立費用が株式会社より14万円ほど安いこと。比較的に少ない金額で会社を立ち上げることができます。一方日本で合同会社制度が始まったのは平成18年のことであり、まだ株式会社に比べるとその歴史が短いです。そのため、まだ世間に対しる認知度が少ないというデメリットがあります。
社団とは、ある共通の目的を持って集まった人々の集団という意味で、これに法人格を与えたものが社団法人です。「一般」とは、特定の目的に限定されず、自由に事業を行うことができるという意味です。つまり、一般社団法人とは、「共通の目的を達成するために作られた法律上の人」と定義できます。営利法人である株式会社等と異なり、設立者に剰余金または残余財産の分配を受ける権利を与えることはできません。
Copy and paste to create more

 

上記以外の法人の設立を検討している方はお気軽にお問合せください!

 

  • 相談料 3,900円(税込)/回
  • 報酬額の目安 60,000円(税別)~