外国人雇用/国際結婚/ビザ申請

2022年6月から永住許可申請の書類の一部が変更になりました

永住許可申請の提出書類は多岐に渡ります。その一部が変更になりましたのでご説明します。

申請の際には常に最新情報をご確認ください。

~目次~

身元保証に関する資料が減少しました

2022年6月1日以降の申請に必要な身元保証に関する提出資料は2点です。

①身元保証書・・・以前とは様式が変更になっています。

内容は、身元保証人の氏名、住所、職業・勤務先、国籍等、被保証人との関係を記載し、永住許可申請を行う申請人が「本邦に在留中、本邦の法令を遵守し、公的義務を適正に履行するため、必要な支援を行うことを保証いたします。」というものです。身元保証人の自筆署名が求められます。

②運転免許証の写し等

身元保証人の身分事項を明らかにする書類で、住民票の写し等でも可です。

 

 

従来は、身元保証人の次の資料が必要でした。今回の変更で大幅に少なくなっています。

・身元保証書(旧様式)

・在職証明書等の職業を証明する書類(会社の役員等の場合は、会社の登記簿謄本)

・住民税の課税証明書や源泉徴収票等の所得を証明する書類

・住民票の写し

了解書が必要です

2021年10月1日から、申請者本人に係る資料として、「了解書」が必要になっています。

了解書については、こちらのコラムをご覧ください。

永住許可申請の概要についても、コラムを公開しています。

ぜひ行政書士にご相談ください

永住許可申請は、在留資格の更新手続きとは異なり、さまざまな書類が必要です。

注意点もありますので、申請をお考えの方はご相談ください。

行政書士がこれまでの経験を踏まえて対応いたします。

お気軽にお問い合わせください!

リーガルナビ行政書士法人

電話:095-800-5100 mail: info@legal-navi.net
営業時間:平日10時〜20時 土日祝定休日

facebookもチェック!

マイベストプロ長崎へ掲載中!

気になったらシェア!

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on google
Google+
Share on email
Email
お問い合わせはこちら
アクセス

〒850-0862 長崎市桜町3-15 BUNGOビル 3階

長崎市役所 徒歩1分 / 桜町電停 徒歩1分 /市役所前バス停徒歩1分

コメントを残す