行政書士による認証について~住所認証・サイン認証・パスポート認証~

行政書士の業務の1つに、「事実証明に関する書類を作成すること」があります。
当事務所では、住所認証、サイン認証、パスポート認証などの業務を行っています。

パスポート

認証とは?

例えば、
・海外に留学するとき
・海外の金融機関の口座開設、住所変更
・海外のビザを取得するとき
・国際結婚
などの際に、パスポートのコピーや住所確認書類の写しを提出するよう求められることがあります。
その際、「これは真に正しい書類です」と第三者が証明するのが認証です。
行政書士は、原本が真正なものであり、正規に登録を受けた国家資格者が認証したことを英文で記載し、署名と押印をします。

認証

チェックポイント

・認証書類を提出する相手先が、どのような認証を求めているかをご確認ください。
・形式・書式や、誰による認証を必要とするかが指定されている場合があります。
・書類によっては、3か月以内に発行されたものなどの有効期限が定められていることもあります。

行政書士による認証のほか、
文章の翻訳や、公証役場での認証、アポスティーユなどが必要な場合も、当事務所でお手伝いができます。
(以前のコラムでご紹介しています↓)
どんな時に必要?アポスティーユ・公印確認~長崎のアポスティーユ申請はお任せください! https://www.legal-navi.net/archives/2286

 

事実証明・認証についてのお悩みは当事務所へ!!

当事務所はさまざまな事実証明・認証のご依頼をいただいています。
経験豊富な行政書士が、状況に合わせてご提案・対応いたします。

【当事務所の報酬額】
・相  談  料: 3,900円(税込)
・事実証明手続: 5,000円(税別)~
電話またはメールでお気軽にお問合せください♪